未分類

【紅白でYOASOBIが歌唱】埼玉の新名所「角川武蔵野ミュージアム」へ行ってきた

こんにちは。プロ埼玉県民かるめです。

埼玉県所沢市に新しくオープンした「角川武蔵野ミュージアム」へ行ってきました。ここは紅白歌合戦でYOASOBIが歌った舞台「本棚劇場」がある場所。埼玉県民なのにそれまでこんな施設が爆誕していたなんて知らなかったよ。ありがとうYOASOBI。

このミュージアムは図書館×美術館×博物館が融合した欲張りさんな施設だが、公式HPによると

人間と自然が折り合ってきた悠久の大地、武蔵野の地にオープンするまったく新しいコンセプトの文化複合施設。KADOKAWAが展開する「ところざわサクラタウン」のランドマークとして位置づけ。アート、文学、博物のジャンルを超え、あらゆる知を再編成した、世界で他に類を見ないミュージアム。

公式HPから引用

だそう。世界で他に類を見ないという稀代なミュージアムが埼玉という僻地にできたなんて•••。驚きと戸惑いを隠せない。埼玉県民として一度は行ってみたい…!てことでレッツゴーTOKOROZAWA

最寄り駅からの道のり

最寄り駅は東所沢駅。埼玉プロ歴27年の筆者だが降り立ったことはなく、武蔵野線沿いの駅よね〜〜くらいの認識しかなかった

晴天が続いていたのにこの日に限って暴風雨。埼玉県民はこのような不運がよく起きます。

角川武蔵野ミュージアムまでは歩いて約10分ほど。非常にわかりやすい地図を書いたのでぜひ印刷してお持ちください。

公園の中を歩いていると突如現れる巨大な岩のオブジェ。これが角川武蔵野ミュージアムだ。曇天だとRPGのラスボスのダンジョンに見えるな。

このミュージアムは日本を代表する建築家の隈研吾氏が設計。隈氏の代表作には国立競技場や歌舞伎座など、名だたる建築物がある。

岩という原始的なものがモチーフなのに近代的でかっこいいデザイン。隈氏もろとも惚れるわ。埼玉にこんなダイナミックでかっこいい建造物を作ってくれてありがとう

ミュージアムの隣には神社が

向かって左側には武蔵野坐令和神社がある。

通称は「むさしのれいわじんじゃ」だが、正式な名称は「むさしのにます うるわしき やまとの みやしろ」らしい。ニギハヤミコハクヌシ以上に覚えづらい名前だな。

「うるわしきやまと」はクールジャパンを意味するという。久しぶりに聞いた響き•••

祀られている御祭神二柱を総称して言霊大神「ことだまのおおかみ」と呼ぶ

「言霊大神」とは、文芸・芸術・芸能といったコンテンツの表現に顕れる神の御稜威(神の威光)のことです。詩歌や小説、音楽や絵画、映画や舞台、アニメ・コミック・ゲームなど、やまとの国=日本で誕生するハイカルチャーからポップカルチャーまで、学術(アカデミック)から娯楽(エンタテインメント)まで、すべてのコンテンツに宿る神威を尊称して「言霊大神」とその御名を申し上げます

HPより引用

つまり祀られている神様は角川にふさわしい神様ってことですね(適当)

鳥居が私が知ってる鳥居じゃない。スタイリッシュTORII。

スポンサーがのぼりに書いてあるのウケると思ったら

ラノベやアニメのタイトルでした

らきすたといえば、作者さんが私と同じ高校の出身者で、毎年文化祭でらきすたファンと思われるおじさんが女子高生のコスプレをしてやって来たというとてもユニークな思い出があります。

いざミュージアムへ

暴風雨だったため早速ミュージアムへ

中へ入ると仏像5体がお出迎えしてくれる。

よくみるとウルトラマンだった。ウルトラマン五大明王的な。まじシュワッチ。

今風なアマビエの絵も飾られていた。割と恐怖を覚えるくらい大きい。

チケットの購入方法

チケットは事前にオンラインで購入する。当日券も2階の総合インフォメーションで購入することができるが売り切れる場合もあるため、事前購入がおすすめ。

チケットの種類によって入れる場所と入れない場所があるため、注意が必要。(公式HPより拝借)

チケットの種類や購入はこちら

企画展「荒俣荒俣宏の妖怪伏魔殿2020」

チケットは購入済みだったため、ディズニーのファストパス気分でそのまま一階の企画展へ向かう。グランドオープン後の記念すべき第一回目の企画展は

「荒俣宏の妖怪伏魔殿2020 YOKAI PANDEMONIUM」2020年11月06日[金] 〜 2021年02月28日[日]

だ。妖怪好きの血が騒ぎまくるタイトルの企画展。荒俣宏さんってバラエティ番組でよくみるおじいちゃんくらいのイメージだったけど妖怪研究の第一人者なのだそう。すごいお人だった。舐めてた。

中へ入るとさっそく妖怪絵がずらり。映えスポット。

47都道府県全ての妖怪を紹介しているコーナーも。ちゃんとみようとするとここだけで1時間くらい潰れてしまう気がする。図録欲しいよ〜〜。

ミイラや化石があったり道祖神の人形も展示されていたり、刺さる人には深々と刺さる展示が多々ありました。私は「そこになにもないのに何かがいそうな不気味でジワジワ来るものフェチ」なのでメッタ刺しされました。

2万以上の本が並ぶオシャレ空間「エディットタウン」

次に4階のエディットタウンへ。エディットタウンは4階の「ブックストリート」「エディット&アートギャラリー」「荒俣ワンダー秘宝館」「本棚劇場」など各エリアの総称。ここには約2・5万冊の本がずらっと並んでいる。本は持ち帰ったり買うことはできないが、館内であればどこでも読んでいい。

なにこのオシャレな図書館

普通の図書館にはみられない分類の仕方が印象的だった。例えばこちら

色々上手になれそうなコーナー。思わず手に取りたくなる。

博物館のような空間。小学校の図書室がこんな感じだったら私は今ごろ賢者だろうに。

ここだけで1日いれちゃうよ。

エディットタウンの奥へ進むと「荒俣ワンダー秘宝館」が。ここは「ワンダーの部屋」「サイエンスアートの部屋」と二手に分かれている。

ワンダーな部屋には確かに「何これ!?」となるワンダーなものが展示されている。小さい部屋だけど見ごたえがある。ヴィレバン的な。

サイエンスアートの部屋には透明標本が。こんな綺麗な標本みたの初めて!

アクアリウムみたいでめちゃきれい。標本は理科室にあった不気味なものしか印象になかったけどこんなきれいなのもあるんですね。お子様たちも食い入るようにみていた。将来のサイエンティストだな。

YOASOBIが紅白で歌った舞台「本棚劇場」

そしてついに一番訪れたかった場所、「本棚劇場」へ。ここは4階から5階へ吹き抜けでつくられている。

わ〜〜〜紅白でみた場所だ〜〜〜と感動した。高さ8mの巨大な本棚が圧巻。互い違いに入り込んでいるこの本棚は、脳の内部がイメージされて作られたそうだがこの複雑さはまさにブレイン

本棚には3万冊以上の本が置かれている。地震が起きた時大変そう…て思ったけど柵付きだから大丈夫なんだろうな。心が杉下右京なので細かいこと気にしちゃう。

定期的にプロジェクションマッピングが上映されている。

これが•••とにかく凄かった•••ネタバレしちゃいそうなのでぜひ行って体感されてみてください。またYOASOBIファンの方、ここで軽くYOASOBIごっこできますぜひ。

ここまで何回「オシャレ〜〜」「新しい〜」「なにこの本読みたい〜」って言ったかわからない。行けばわかるさこの気持ち。

角カフェの絶品スイーツ「おいもボール」

ミュージアム内を巡り終わったあとは2階の角カフェへ

所沢はさつまいもが有名だと•••?知らんかったわ。さつまいもと白玉粉を練って揚げたおいもボール…絶対ウマイやつやんけ。一応ダイエット中なので一瞬迷ったけど即入店

私はチョコバナナ、友達はおさつきなこを注文。2つとも「食べなくても絶対ウマイやんけ」セレクト

はい美味しい。美味しくない訳が無い。生地がモッチモチで甘さ控えめ。油っぽくもないので何個でも食べられちゃうやつ。角カフェ、おいもボール1本でやっていこうとしてるのかしら。すごいな。それでもやってけそうと思うくらいには美味しかったです。ミュージアム巡りの締めにおすすめ。

終わりに

観覧中、こんな最先端ミュージアムが埼玉に爆誕したことに終始感銘を受けていた。

本好きな人なら一日じゃ足りないってくらい見どころが多い場所。オシャレ空間で本を読める至福の時間。あと建築に興味がある方にもおすすめ。素人でもなにこの空間すごいってなったよ。本を読みに来るものいいし、美術展目当てでいくのもいいし、定期的に通いたいなと思ったよ。

今まで「埼玉なんて何もないよ〜」が口癖だったけど、これからは

「埼玉なんて新しくグランドオープンした世界に類をみない文化複合施設の見どころ満載な角川武蔵野ミュージアムくらいしかないよ〜〜!!!🥺🥺」

とさりげなくマウントがとれますね嬉しい。

遠方の方々も、いろいろ落ち着いたらぜひ一度訪れてみてください。最後までお読みくださりありがとうございました!

 

開館時間 日~木曜10:00~18:00(最終入館 17:30)「SACULA DINER」のみ11:00~20:00(LO 19:00)
金・土曜10:00~20:00(最終入館 19:30)「角カフェ」「Rock Museum Shop」 「SACULA DINER(LO 19:00)」含む
※緊急事態宣言に伴い2021年1月8日(金)より一部営業時間を変更
休館日 毎月第1・第3・第5火曜日(祝日の場合は開館・翌日閉館)

臨時休館日2021年2月1日(月)~2021年2月5日(金)

公式HP https://kadcul.com/

 

 

お読みいただきありがとうございました!

よろしければSNSのフォローや他ブログもお読みいただけるとうれしいです!

~画像をクリックすると飛べるよ!!~